遠近両用メガネの使い方、4つのコツ!!購入時に説明がありましたか?

こんにちは、メガネと補聴器の和光です(^.^)

 

遠近両用メガネは、使い慣れるのに少しコツがいるメガネです(・・;)
しっかり説明を受けて使い始めないと、揺れやゆがみなどの不快感、
足元の恐怖感、文字の見えにくさ、運転のしづらさが出やすいメガネです。

 

でも、大丈夫!4つのコツをつかんでしまえば快適な生活が送れる便利な道具です。

遠近使い方2

コツその① 遠くを見る時は、楽な姿勢で見てもらうか、少し顎を引いて見る

(すごく顎を引かないとぼやける時は、お店で調整の必要あり)

 

コツその② 近くを見る時は、姿勢を正し、顎を少し上げ気味でレンズ下側を使う

 

コツその③ 足元がぼやけやすいので、顎を引く、もしくは少しうつむき加減でレンズの上側を使う。
下り階段は慣れるまで手すりなどを使い注意して降りる。

階段から落ちる

コツその④ 遠近両用メガネは横目が効かないレンズ構造なので、周辺部にぼやけを感じます。
特に車の運転時、今までよりも体をひねり左右確認をしっかりする。
文字を読む時も正面の物しかはっきり見えないので、首を動かし読みたい箇所を正面にする

周辺のぼやけ

以上が4つのコツです。
遠近両用メガネはあくまで目を補う道具に過ぎませんので
道具の使い方をよく理解して快適に使って下さい。
それでも使いにくい場合は遠慮せずメガネ屋さんに相談することをお勧めします<m(__)m>

 

和光では、他店購入のメガネの相談もお受けしております。お困りのことがあれば聞いてくださいね(^.^)

 

 

メガネと補聴器の和光

碧南市栄町3-44  0566(41)0557

営業時間 平日  AM10:00~PM8:00

日曜日 AM10:00~PM7:00

定休日  火曜日、祭日

HP http://opt-wakou.com/